先に自分を愛してから、他人を愛するんだよ

今回は【先に自分を愛してから、他人を愛するんだよ】というお話をお伝えします。

広告

「自分を愛して、他人を愛します」

普通だと「他人を愛して」っていうのが最初に来るんだけど、一人さんの場合は「自分を愛して」が先に来るんです。

まず、自分を助けてから他人を助けるようにしないと、いい知恵は出ません。
脳の構造はそうなっているんです。

みんな、自分のことをうんと忘れてる人を見ると、「エライな」「スゴイな」みたく思うけど、自分も愛さないで人を愛するなんて、できないんですよ。

『微差力/斎藤一人著』より


日本人はとくに、自分のことはあとまわしにして、他人を優先するのを美徳と考えがちかもしれません。

一人さんは「幸せって、まんじゅう分けてんじゃないんだよ」って言います(笑)

ゆるりす
ゆるりす

どういうこと?

あま子
あま子

よく「わたしはいいから、あんた幸せになんな」って人がいるよね?
でも、”幸せ”ってまんじゅうみたいに分け与えるもんじゃないよ~って意味で一人さんは言っているんです。

まず一番最初に自分を愛すること。

自分にやさしくする。自分を一番最初に幸せにしてあげる。

そうやって自分が愛であふれていっぱいになると、他の人にも愛をあげられるようになるんですね。

自分だけを愛するのがいけない

「自分を愛して」っていうと、やっぱりなんか「いいのかなぁ…」って考える人もいると思うんですよね。

自己愛、エゴっていうの、あまりいいイメージがない人も多いかもしれないです。

それ、自分を愛するのがいけないんじゃなくて、自分「だけ」を愛するのがいけないんです。

そして他人のことも、自分とおなじくらい大切に思って愛する。

これが正しいんです。

今回のまとめ

まとめ
  • 先に愛するのは自分、それから他人を愛するんだよ
  • 自分を先に愛してあげると、愛があふれて他人を愛せるようになるよ
あま子
あま子

今回は「愛」って字をいっぱい書きました

今回は『微差力』からお伝えしました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
タイトルとURLをコピーしました