【禍いを転じて福となす】ワークのやり方

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

今回は、わたしがやってみて「これは良かった!」というワークをシェアしたいと思います。

  • 嫌なことが起きたとき
  • 問題が起きたとき
  • 心がモヤモヤして晴れないとき

そんなときにやってみると、やる前より心が楽になるワークです。

それは、

嫌な出来事が起きたら、そのことから感謝できることをら10個書き出す

というワークです。

これは、『ザ・マジック/ロンダ・バーン著』の中で【禍いを転じて福となす】魔法のワークとして書いてあったものです。

とてもいいワークだったので、わたしは「イヤだなと思う出来事」が起きたときに活用させていただいています。

やり方はとても簡単で、

嫌だと思った出来事から感謝できることを、無理やりにでも考えて10個書き出してみるだけです。

例えば…

会社で上司にイヤーな言い方で欠点を指摘されたとします。

その出来事から考えられる感謝できることを、多少無理やりにでも考えてみます。

①言いかたは嫌だったけど、自分の悪いところを教えてくれたのは感謝

②私が人に何か指摘するときは、言葉選びに気をつけようと気付いたことに感謝

③言われたことを直すよう努力すれば、もっと素晴らしい自分になれるだろうから感謝

④子どもに嫌な言い方しているときがあったかもしれない。もっと優しく教えてあげようと気付けて感謝

⑤上司も体調が悪かったのかもしれない。そういう風に考えることができて感謝

⑥上司もその上司から嫌な言い方されたのかもしれない。大変なんだよね。と思いやれたことに感謝

⑦他に私にはっきり言ってくれる人はいない。言ってくれて感謝

⑧私は言い返さずに話を聞くことができた。怒らなかった自分、よくやった!また一つ自分を好きになれた。この体験をさせてくれたことに感謝

⑨どういう上司だったら話すことを聞きたくなるだろう?と考えてみるきっかけになったことに感謝

⑩こういう嫌な言い方されなかったら、私は欠点を直さなかっただろう。直す気にさせてくれたことに感謝

こんな感じで書いてみます。

書いているうちに

「あれ、この出来事っていいことだったんじゃない?!」

と思たりして…

書き出す前に比べると、心がラクになっていると思います。

これは自分一人でノートに書き出すので、人に言うと恥ずかしいようなことでも書いていいと思います。

10個書き出すのは多いので結構大変なんですが…

もやもやとしたいや〜な気持ちをずっと抱えている暇があったら笑、書いてみるといいですよ。

私はこのワークで結構気持ちがラクになります。

こちらのワークは『ザ・マジック/ロンダ・バーン著』の本の中のワークのうちのひとつです。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/04/15 22:09時点 | 楽天市場調べ)

↑【感謝という魔法】を忘れないための28日間のワークで構成されている本です。

タイトルとURLをコピーしました