【アリサンのオーガニックソイミート】美味しくて使いやすい!おすすすめの大豆ミート。

アリサン大豆ミートの画像

いろいろなメーカーの大豆ミートを使ってみた結果、わが家では大豆ミートはこれに決まり!

子どもも安心して食べられて、お肉好きなあまパパも満足(笑)。

ヘルシーで安心な食材、アリサンのオーガニック大豆ミートについてお伝えします。

ゆるりす
ゆるりす

幼児でも安心して食べられます!

あま子
あま子

ウチの欠かせない定番食材です

広告

大豆ミートとは

大豆ミートとは、油分を絞った大豆を乾燥させ、お肉のように見立てて作った食品です。

ひき肉のようなミンチタイプと、ブロックタイプ(ナゲットとチャンクの2種類)があります。

わが家ではナゲットタイプを、1キロの大容量入りで購入してます。

ブロックのタイプをひき肉のように使いたい場合は、お湯でもどしてからフードプロセッサにかければミンチ状になって便利ですよ。

大豆ミートの良いところ・イマイチなところ

大豆ミートの良いところ
  • 低脂質・低カロリーでヘルシーなのに栄養分は豊富
  • 乾燥しているので長期保存がきく
  • 普通のお肉に比べるとコスパがいい
大豆ミートのイマイチなところ
  • お肉に比べるとちょっとうまみに欠ける
  • 脂分がないためじゅわ~とした肉汁が出ない

アリサンの有機大豆ミート

いろんなメーカーの大豆ミートがありますが、わが家ではこちら「アリサン ジャックの豆ミート」とい大豆ミートが一番よかったです。

アリサンの大豆ミートがよかった理由!
  • オーガニック
  • 原料は大豆だけ(余計な添加物不使用)
  • 1キロの大容量入りもある
  • おいしい!

「アリサン」は、ベジタリアンのアメリカ人・ジャックと台湾人の妻が創設したブランド。

ソイミート以外にも約300種類のベジタリアン・オーガニック食材がたくさんありますよ。

子どもにも安心してあげられる

もどす前の大豆ミートの画像

息子が2歳をすぎ、徐々にお肉とかいろいろなものを食べたがるようになってきました。

お肉は、普通に売られているものだとほとんどに成長ホルモン剤・遺伝子組み換えとうもろこし・抗生物質など使われている不安があります。

まだ身体ができあがっていない、小さな子どもにはできるだけあげたくないですよね。

わが家では生活クラブ生協などからなるべく安全な肉を買っていますが、それに加え子どもにはお肉の代わりにオーガニックの大豆ミートをあげることにしています。

本来の食べ方じゃないですが、子どもは乾燥したままの大豆ミートをそのままおやつに食べることもあります(笑)

あま子
あま子

どうせ大豆しかつかってないし、好きなだけ食べな~(笑)

おすすめの料理法

大豆ミートと普通の肉を焼いた画像
左が大豆ミート、右のがホンモノのお肉です

まず、お湯でさっともどしてから調理します。

量をもどしすぎたらそのままジップ袋に入れて冷凍しています。

次使うときは、凍ったままフライパンにいれちゃっても大丈夫です。

では、わが家で好評の大豆ミートの食べ方を紹介しますね!

やっぱり一番はからあげ

下味をつけて、粉(うちでは米粉使用)を水で溶いた衣をつけて揚げます。

これはほとんど鶏肉のからあげと同じ!

ポイントは下味をしっかりつけることです。

下味はしょうゆ・すりおろしにんにく&ショウガこれだけでOK!

↑このタレはなんでも美味しくなる万能タレですので作り置きがおすすめ↑

本物のお肉と一緒に焼く

大豆ミートは、やっぱり普通のお肉に比べるとうまみがちょっと物足りない気がします。

そこで、美味しいお肉を焼いたら一緒に大豆ミートも焼いてしまいます。

お肉のうまみを吸って、とくに、バラ肉とか脂分が多いお肉と一緒に焼いたらもう、ほとんど見分け(食べわけ?)がつきません(笑)

チキンナゲット風

これは最近発見したやつなんですが、天ぷらを作るときに、ついでに大豆ミートも衣をつけて揚げてみると…あら不思議チキンナゲット風になっちゃいます!

天ぷらの具がないときにもどうぞ(笑)

まとめ

  • 大豆ミートいろいろ試したけど「アリサン有機大豆ミート」が良かったよ!
  • 下味しっかりorお肉と一緒に焼くと美味しくておすすめ
  • 原材料オーガニック大豆のみだから、子どもにも安心
あま子
あま子

「お肉のストックがない!」ってときにも役に立ってます

大豆しか使っていないのになかなかおもしろい食材です(笑)

ぜひ活用してみてくださいね~!

タイトルとURLをコピーしました